沖縄にダイビングライセンスを取るために一人旅をしてきた

沖縄の青い海をダイビングしてみたいという思いがあり、目的を叶えるために一人旅をすることにしました。
人を誘ってはやりたいことを満喫することはできませんし、ダイビングライセンスを一緒に取ってくれそうな人もいなかったので、一人が一番いいかなと思ったのです。

事前にスクールのことや宿のことを調べて、夏のはじめに出発をしました。
これから夏本番という時期でしたが、さすがに南国だけあって非常に熱くそれでいてカラッとしていて心地のよい気候だなと感じました。
とりあえず最初は宿に行くことにしたのです、その最中に眺める沖縄の景色もそれだけで十分に楽しむことができるもので文化の違いを感じることができました。

宿に到着をしたあとはひとまず荷物の整理をしてから、次の日の準備をすることにしたのです。
スクールの位置を確認して持ち物などの用意をして、余った時間は適当に沖縄の中を眺めて楽しんでいました。
翌日からいよいよ、ダイビングライセンス取得に向けた講習が始まりました。
手続を終えると最初は座学から入ることになったのですが、特別難しいことはありませんでした。
一通り座学が終わったあとは、実際にダイビングをすることになったのですが実習というよりはダイビング体験に近い感じでとても楽しいものでした。
あっという間に初日は終わって、二日目に入ったのですが二日目も似たような流れで前日と違ったのはダイビングを行う場所のレベルが上がったということでした。
綺麗な沖縄の海で行われる実習は感動的なもので、自分がまるで魚になったような気分になることができました。
実習と言っても厳しい指導があるわけでもなく、安全に関わる部分以外は優しく丁寧に教えてもらうことができたので良かったです。
そして、最終日は実習だけでこの日も特別大過なく終わり大ビンを堪能することができました。
その後はライセンス申請を行い、見事ダイビングライセンスを取得することができたので良かったです。
基本的には受講をすれば誰でも取ることができるものですから、自慢にも何にもならないわけですが、このために沖縄まで一人旅をしにやってきたことを考えるとダイビングライセンスを手に入れたときには感慨深いものがありました。
お金もそれほどかかったわけではなく、金銭的な負担も少なく取得することができ満足でした。
ダイビングライセンスを手に入れたことで、時々ダイビングを楽しんでいますが気軽に海の中を散歩できるのはとても楽しいです。