一人旅で行った沖縄でダイビングライセンスを取得しました

幼稚園の頃から水泳を習っていたこともあり、泳ぐことは得意だと感じていました。そのためプールだけでなく、綺麗な海で泳ぎたいと考えていて、大学のサークルの先輩に話しをしていたら、それならダイビングライセンスを取得したらいいのにとすすめられました。先輩は海外でダイビングライセンスを取得して、今では時間があれば綺麗な海に泳ぎに行って海に夢中になっています。海の中で撮影した写真などを見せてもらうと本当に美しくて夢のような世界だったので、自分も実際にその世界を体験したいと考えるようになりました。そこで大学が長い休みになる夏休みに、沖縄でダイビングライセンスを取得することにしました。独りでは心細いので友達と一緒に行こうと思っていましたが、予定が合わなくて、結局は一人旅になってしまいました。今まで一人旅をしたことがなかったので不安もありましたが、ダイビングの講師に連絡をすると、一人でライセンスを取得する人は多いので大丈夫ですよと言ってもらったので、一人旅をすることにしました。すぐにダイビング用の機械をつけて海に潜るのかと思っていましたが、初日は教室で講義を受けることになりました。学科講習でダイビングと海に関する知識を身に着けることができ、海の魅力だけでなく怖さも教えてもらいました。その中で、ハプニングが起こっても冷静でいることが大事だという言葉が印象に残りました。海の中で撮影した映像を見せてもらったので、早く海に潜りたいという気持ちが高まりました。午後からは専用のプールで、ダイビングに器具の付け方や潜り方を教えてもらうことになりました。私は泳ぐことが得意なので、簡単にできるだろうと思っていましたが、エアタンクを背負ったり、ダイビングスーツを着用すると今までの泳ぎの勘だけでは難しいと感じることがありました。自分では泳いでいるつもりなのに、思うように体が動かなかったりしたので、プールでの講習はとても大事なものだとわかりました。翌日からは海洋実習が行われることになりましたが、前日にしっかり器具に付け方や心構えなどを学んでいたので緊張することなく海に入ることができました。講師からも潜り方や泳ぎ方を褒めてもらえたので嬉しかったです。その後は自由な時間があったので、海を少し探索してみましたが、海の中は想像以上に幻想的で圧倒されました。ダイビングライセンスを取得することができたので、これからは色んなところにある海を楽しみたいと考えています。